TEACHER

TEACHER 講師

Mio Torisawa

Mio Torisawa

みお とりさわ

PROFILE

5歳よりボリショイバレエの技術を学び、谷桃子バレエ団研究所に移り、同バレエ団の舞台他を経てフリーに。フランス、NYに留学後、イタリアで公演活動。
クラシック(古典バレエ)にとどまらず、現代舞踊、演劇、オペラなど各分野で活躍の幅を広げている。
2008年12月にはイタリアで「ジゼル」を踊り、韓国プサン芸術高校で指導にあたるなど、世界を舞台に活躍中。

CLASS

BALLET
 
 
火曜 10:15-11:45 Studio 2 BALLET初中級
水曜 16:30-18:15 Studio 4 BALLET初級
木曜 10:30-12:00 Studio 1 BALLET初級
金曜 18:30-20:15 Studio2 BALEET初級
土曜 10:15-12:00 Studio 1 BALLET入門・初級
日曜 16:00-17:45 Studio 2 BALLET初中級

【入門・初級】
本格的なバレエの入門・初級のレギュラークラスとして、わかりやすく、継続的に繰り返しながら習得していくことができるレッスンです。
・バレエ基礎とは何から始めるべきなのか。
・バレエの動きとは何を練習すれば良いのか。
この2つをテーマにおいたクラスです。

【初級】
ワガノワ(ロシアバレエのメソッド)のシステムは各関節を回転させ、筋肉を正確に伸ばして強化するものです。美しいアームスのポールドブラ(腕の動き)、首や体のライン、表情も特徴。特にレッスンでは、ストレッチはそのシステムを重要視し、さらにロシア派のグニャーセフメソッドの中から、バレエの動きの“ニュアンス”につながるものを加えています。丁寧な動きと意識が、よい筋肉とバレエの格をつくると考えています。

【初中級】
クラシックバレエは、基本である3つの課題があります。それは、上体の姿勢・頭の位置(顔の向き)・手(腕)と足のポジションで、クラスレッスンでは、それらのコーディネーション能力を身につけ、常に正確に意識して練習し、美しいバレエの動きやテクニックを理解していきます。
初級では、パを覚える為に単純な順序を繰り返したり、初中級では、少し複雑な組み合わせや、ポール・ド・ブラ、リズミカルな動きを加えて、膨らみのある踊りの感覚を身につけていきます。

TEACHER INDEX

体験レッスンを受けてみませんか?